自宅スタジオさんの「リアルエロゲシチュエーション」の体験版をプレイしてみました。ど直球なタイトル(笑)。略称は「リアエロ」です。


2028apc11648pl

エロ要素が盛りだくさん

Hシーンにアニメーションを採用、目パチ(瞬き)あり、漫画の効果音っぽい文字が入ったり、吐息のエフェクト、卑語のピー音なし・・・・。とにかく画面いっぱいがピンク色。エロい要素が画面上にこれでもかと散りばめられています。


アニメーションのクオリティはかぐや並み

アニメーションのクオリティが高いです。動きが滑らかで、違和感がなく、かといって動かせすぎないバランスが良いと思います。アニメーションといえばアトリエかぐやですが、それに匹敵します。本当に今までアニメといえばかぐやだったので、こう感じたのは新しいです。

かぐやのアニメーション作品はお姉さん系ヒロインが多いので、同級生ヒロインをアニメーションで楽しみたい人に向いているかもしれません。ただし、全てのシーンがヌルヌル動くわけではないので注意。


他の抜きゲーと違うこと

他の抜きゲーと決定的に違うのは、ヒロインが最初から主人公のことを大好きだという点。最初からヒロインたちのアプローチがすごいです。ちょっとやりすぎなくらい。人によっては引くくらい、グイグイ来ます。ただし、体験版の時点で挿入シーンはありません。ビッチキャラであっても、そこらへんのボーダーラインはわきまえてるんですかね。


評価/期待値

CG・立ち絵

Hシーンで目に涙を溜めながらフェラするCGが一番エロかったです。それがアニメでヌルヌル動くので尚更です。他にも角オナニーのアニメが、体験版には収録されています。


キャラクター・声優

橘まおさんのビッチキャラがたまらない。それにしても最近の水野七海さんを見る率が高い。


ストーリー

主人公と黒髪ヒロインの環奈ちゃんは両想い。(本人たちは気づいていない)。体験版ですでに環奈ちゃんは主人公に「好きだ!」みたいなことを言います。この相思相愛の状態から、主人公はどうやって他のヒロインたちに鞍替え(くらがえ)するのか、見ものですね。


コンフィグ

シンクロエッチモードという、ヒロインがHの最中に何を考えているかのボイスが再生されるボタンがあります。一言とはいえこういう機能があるのは良いとは思いますが、シンクロエッチモードのボタンが出てくるシーンに突入するとオートプレイが勝手にOFFになってしまうので、個人的にはこのモードは切ってしまいました。


目パチ(瞬き)のシーンでノイズ(バグ)が入る箇所が数箇所ありました。製品版で修正されていることに期待。

Hシーン

やっぱりアニメーションがエロいです。個人的にフェラのアニメーションがお気に入り。体験版では挿入シーンは一つもなかったので、挿入シーンのアニメーションも期待ですね。フルプライスでヒロインが3人だから・・・・とアニメーションのあるエロシーンの数をなんとなく計算したりしちゃいます。


ところで、魅力的なサブヒロインが多数います。エロシーンがあるのか無いのかについては不明。1シーンずつはあるのか、それともファンディスクなのか。ただのサブヒロインで終わらせるには惜しい存在です。


まとめ

ピンク系の抜きゲーです。グイグイくる系ヒロインや絵が好みであれば向いている作品。久々にかぐやさん並みのエロアニメーションのクオリティを見ました。



自宅スタジオ公式サイト