SPEED(スピード)の「ごくかの!」の体験版をプレイしました。正式名称は「ごくかの! ~タマとらせてもらいます!~」。物騒なサブタイトルですね。


hobe_0346pl


結論から言うと、う~ん。

濃すぎるヒロインたち

タイトルからも分かるように、”そっち系”の家系のヒロインたちが多数登場します。これがまた濃いキャラ付けで、日本刀を振り回していたり、拳銃をバンバン撃ったり、爆弾を使ったり・・・。性格もなかなか過激で、頭の中身はちょっと残念な感じ。ヒロイン同士でいがみ合うストーリーが展開してドンパチやり合うわけですが、どのヒロインも主人公に対しては甘甘。ギャップを楽しんでください、ってことなんですかね。気になるのは見た目がヤ○ザっぽいのが一人くらいしかいないこと。もう少しヒロインたちに”ゴクドー”っぽい統一感があった方が良かったと思いますけど。

コンセプトとストーリー

コンセプトはヤ○ザらしいですが、ストーリーはヒロインの内誰が主人公に好かれるかを勝負する、といういかにもなラブコメ的展開。斬新なコンセプトではありますが、そもそもそこに興味がないとあまりそそられない。そして、ストーリーはラブコメ展開から斬新な展開を見せるのかもしれませんが、体験版をやった感じ、個人的には期待値はそこまで上がりませんでした。

Hシーン

体験版で一番良かったのはエロシーンです。もともとサンプルCGのエロさで体験版をプレイしたので。もしかしたら抜きゲージャンルの作品なのかもしれません。パンツを使った手コキや手足を縛ってバイブ攻めなどシチュエーションのバリエーションと複数原画家によるバリエーションの多いヒロインのエロシーンを求めている人には向いているのかも。ただ、コンセプトの”ヤ○ザ”らしさはあまり見られず、ヒロイン全員しおらしくなってしまいます。


hobe_0346jp-004

個人的に一番エロかったのは風呂場のシーン。後ろからヒロインを抱き抱える形で一緒に入浴して、乳首と局部を焦らしプレイ気味にアイブするのがエロす。水の音の効果音があるのも良いですね。

まとめ

”ヤ○ザ”というキャラクターコンセプトが、万人受けでないジャンルであるものの、”ヤ○ザ”感があまり出てませんでした。個人的にはバリエーション豊かなヒロインによる抜きゲー感が強かったです。


ごくかの! ~タマとらせてもらいます!~DL版