今年発売のエロゲの中でも注目度は高いのではないでしょうか。Azurite(アズライト)の処女作、といってもライアーソフトとシルキーズプラスという実力ブランドの共同開発ゲームなので安心感があります。正式名称は「シンソウノイズ~受信探偵の事件簿~」。



digination_0001pl


心の声

本作は推理モノのエロゲです。最も特徴的なのは、主人公が近くにいる他人の”心の声”を聞けること。このファンタジー的でチート的な能力があればどんな事件も解決じゃん!とは思いましたけどね。そこはゲームなので。。



推理パート

推理パートはいくつかの選択肢を順番に正解を選ばなくてはなりません。ただし、大事なシーンを見返したりシーンジャンプして再度見直すことができる親切設計。いちいち細かくセーブしなくても大丈夫です。これを親切と取るか温いと取るか。個人的には良いと思います。イノセントグレイやファントムみたいに一つも間違えられない!と構えてプレイするよりは気楽にできます。



心の声は伏線・ギャグ・棒読み

心の声が入ってくることで会話やシナリオ進行のテンポが悪くてグダグダになるかな、と予想していました。が、セリフが面白かったり棒読みな音声だったり心の声をオチに使わせたりと、ギャグ要素を入れることで上手いことストーリーに組み込まれていたと思います。足を引っ張るかなーと思った心の声ですが、おもしろ要素も伏線要素もあり、なかなかおもしろいシステムでした。



体験版の流れ

体験版では体操着泥棒という”ちゃち”な事件が発生。ここでとりあえず推理パートのチュートリアルを一通りプレイします。そこからヒロイン(であるはずの)女生徒(cvくすはらゆい)が無残な姿になって発見されて、「私が殺した」という心の声を受信し、いよいよというところで先行体験版は終了。



一通りプレイした感じは面白そう。メインヒロインぽかった女生徒がいきなり逝っただけでも衝撃でしたけど、殺人犯の存在も暴かれたのも鳥肌もの。月並みですが、続きが気になります。



▼サンプルCG
digination_0001jp-001

digination_0001jp-002
※CGはDMMのサンプル画像を使用。

評価/期待値

CG/立ち絵

★★★★☆

最初にムービーを見たときはE-mote(エモート)の可能性もあると思いきや、本編での実装はありません。シナリオ重視の推理モノにはあまり必要性はない要素かと。



キャラクター/ヒロイン

★★★★☆

ヒロインは良い声の声優さんばかり。安定安心の橘まおさんとかわしまりのさん。可愛い系の声のくすはらゆいさんが敢えてのクールキャラ。萌花ちょこさんと秋野花さんは想像通りのかわいい系キャラ。二人の男キャラも言動がアホだったりしますがウザくはないです。主人公も噛み芸が素晴らしい愛されキャラで、音声がないのが惜しいくらいです。



ストーリー/シナリオ

★★★★☆

面白そうだけどまだまだ未知数。今後も体験版は公開されるようなので様子見。たぶん次のストーリーから本題に入るので評価しやすいと思います。



音楽/BGM

★★★★★

霜月はるかさんのOP曲が素晴らしい。



コンフィグ

★★★☆☆

音声をループさせる謎機能あり。バックログからのシーンジャンプはなし。音声再生のみ。シーンジャンプがないのは不便です。ただし、推理パートからは重要なシーンへの戻って再プレイできるジャンプ機能はあります。



Hシーン

★★★☆☆

さくらの処女喪失シーンあり。吐息のエフェクトがありますが機械的。また、痴漢シーンもありパンツ越しにア○ルをほじるなど、ただのシナリオゲーではないようです。



digination_0001jp-005


DL版
シンソウノイズ~受信探偵の事件簿~(DL版)

DL版は2016年12月21日までに予約すると1,000円OFF



▼OPムービー


この先行体験版だけでも伏線が隠されていそう。何周かする価値がありそうですね。