リーフの12月が舞台のギャルゲー、ってことで
「ホワルバ」みたいな雰囲気を想像(期待)してやりました





aquap_0010pl







思っていた以上に



暗い。重い。








ヒロイン壮絶






特に、雪都
(=自殺願望者)





このコが好きか嫌いかは置いておいて
「天使のいない12月」の代名詞のヒロインかも







主人公たちは雪都ルートで人生最大級のイベントを経験した
これ、主人公と雪都がその後どう成長したか気になる














印象に残ってる2人




  • 他人から愛されたい明日菜
  • 他人からの愛を遠ざけたい雪緒




正反対の2人





だけどこの2人が同じ職場で並んでバイトしてる
しかもケーキ屋で
・・・・後になって考えるとちょっと可笑しい












唯一まともなのが真帆ちゃん






「なんだマトモなキャラいるじゃん
このコはマトモなエンディングかな?」






と思ったら、、



このコのエンディングも暗い







なぜ???w






作品全体の雰囲気が暗いからって
普通のコまで無理やり不幸ENDにする必要ある?




いやむしろ他のヒロインはぶっ飛んでるけど、最後には救われてる
真帆ただ一人がBADENDじゃない?




不憫・・・
この不幸の帳尻あわせ












他の2人は、、
あんまり好きじゃないから(





↓この2人


aquap_0010pl


なぜこの2人がキービジュアル














まとめ



雪都ルートは、行き着く結末も含めて
色々な意味で衝撃的だった



共感ではないけど、1つの考え方として
また読み返したい





ホワルバとは完全に別物でした
そもそも比べられるものじゃなかった
テーマ的に












DL版(DMM)








おまけ





名言


屋上飛び降り自殺願望者に向かって
主人公「階段使えよ」



何度見てもこのセリフ好きw









「それは永遠でなく、
真実でなく、
ただそこにあるだけの想い」



これはただの個人的メモ