かなり前にスチームで購入したのを思い出してプレイしました。






・・・ウソ。
思い出した、というか、買ったことすら忘れてた。
久々にスチーム開いたら、
たまたま見つけたからやっただけ。笑






※例によって、ネタバレ注意!





51JVEJVQN3L






これ、未来SFだったのか!








もっとフワッとした「雰囲気ゲー」かと思ってた。
それか「概念ゲー」。






でもいざプレイしたら、
未来の世界観の設定が面白い。






細菌兵器、熱戦地雷、対人戦車。
戦争でメチャメチャになった世界。
そこに降る止まない雨。







メチャ私好みのダーク未来SFの世界観じゃないか。
なんで誰も教えてくれなかったんだよ!(激怒












上で言ったとおり概念ゲー、雰囲気ゲーだと思ってた。
また、内容が短めで期待はしてなかったのもあった。
(まあ、実際短いけど。)




ただ、
予想に反して暗い世界観が好み。







また、エンディングも好み。
ハッピーエンドとはいえない。
そして、主人公は「世界を変えるんだ!」ってタイプではない。
世界観を受け入れながらも「俺たちの戦いはこれからだ」。
そういうタイプの主人公&エンディング。






全てを解決するタイプのエンディングではない。
ただ個人的に、
こういう主人公の無力さが際立つ終わり方の方が暗くて好き。










まとめ




keyっていうと「家族ゲー」だとか、
昔なつかしい古風な雰囲気な作風のイメージ。
それでもって、人間の根本に迫る泣きゲー。
だから、「未来SF」という
真逆の時代設定なのは新鮮だった。







私が好きな「智代アフター」とか
他のkey作品と直接比較できるものじゃない。
ただ、未来SF+ダークノベルゲー好きとして、
これはこれで楽しめた。
特に、私の場合は世界観ですね。
まさかkey作品でこういうのを見られるとは思わなかった。







※※※










ヒロインはロボット。
いやあ、子どもとかロボットってのはズルイね。
無邪気・純粋な分、それが泣きポイントになる。
思い返してみれば、
「クラナド」「智代アフター」も泣きポイントはそこだった。











では、良いエロゲーライフを!