筆柿そふとの「催眠学園」シリーズの3作目。
本作はこれまでのシリーズの仕上げ。


催眠によって学園の上の立場の女性から支配してきた。
残すは下級生のみ!



総仕上げの余韻を楽しむだけの内容かと思いきや、とある催眠シチュがエロかった。


next_0244pl






「あなたは魔法少女であーる」

下級生ヒロインへの催眠。
その内容が「あなたは魔法少女である」というもの。
最初はバカだなーとだけ思っていたんですが、これがなかなかゲスなシチュ。





魔物(主人公)に有効な武器は、おしっこ!
一生懸命に腰を振って魔物をめがけて攻撃だ!

next_0244jp-002

(下着を付けたままなのがフェチズム。)





魔法少女に変身させるのは主人公。
ヒロインを一度ハダカにして、衣装を着替えさせる。
瞬間移動で別の場所に移動しているように見えるのも、実は主人公が運んでいるから。

next_0244jp-001








バカですねー。(褒め言葉



この世の中、催眠のネタがもう出尽くしている。
そんな中ヒロインに自分が魔法少女であると思い込ませる斬新なシチュ。


ヒロインは自分からスカートたくし上げて必死に魔物に攻撃している、
・・・つもりになっている。
ただ、端(はた)から見たらマニアックな放尿プレイをしているだけなんですけどね。







 

しかも、この「魔法少女・催眠」は単発のシチュではなくて、
この黒髪の女のコの固有シチュとして継続していくようですね。


どんどん魔法少女として成長させられる。
そのたびに芽生えていく正義心でさえ、主人公を悦ばせるだけのもの。
ゲスいですね。(いいぞ、もっとやれ





next_0244jp-008








まとめ

魔法少女のシチュの印象が強烈でエロかった。
よくこんなシチュ思いつくものですね。


また、これらの下級生ヒロインの他にも、
シリーズを通して出てきた他のヒロインたちも登場する。
彼女たちはもうすでに催眠漬けにされているはずだけど、
それでもちゃんと催眠に対して反抗・抵抗してくれるのがポイントが高いですね。


まあ、最終的にはこのようにトロ顔になるんですけど。

next_0244jp-013



とはいえ、メインは下級生ヒロインっぽいので、
そういうヒロイン像が好みの方向けでしょうね。

(サンプルを見る限りスカトロもあるようなので注意。)



DMM(ダウンロード版)









「催眠学園1年生」には過去ヒロインも登場するとはいえ、
教師・年上の催眠モノが好きな方には「催眠学園3年生」の方がオススメかも?
保健医の先生に、生理の周期を嬉々として喋らせるシチュなど、
大人の女性を弄ぶ催眠モノとして秀逸だと思いました。








では、良いエロゲーライフを。