なんだコレ頭痛い。

RJ212900_img_main


雨宿りするために入った喫茶店。
幸(さち)薄い系のお姉さんと相席。


イイ雰囲気じゃん♪」と思った矢先。


「6CO2+12H2O+光エネルギー・・・ベラベラベラベラ」


愉快すぎる。エ


※※※


思ってたのと違った


「喫茶店で出会った和装の女性が、奇妙な話を語り出す。」
という商品紹介。


奇妙というより珍妙。

アドベンチャーゲームの題材としては。


「百物語」みたいな怪談系のを想像してた。
それがまさか軽快な音楽と共に
砂糖の歴史の授業を聞かされることになるとは思わない。


「この世は砂糖に支配されてる」のキャッチコピー。
何か深い意味があるかと思いきや、
そのまんまなのかい。w


ただし、最後に・・・




まとめ

歴史とか好きだったらイイかもね。
「砂糖」のキーワードで歴史をなぞる感じ。
かなり丁寧っていうか
この作品が丸々1コ歴史の授業みたいなもんだから。
図とかあって無駄に分かりやすい。ムダニ


こういう作品を
終わり良ければ全て良しっていうのか。
必ずしも全てそれでイイとは思わないけど。
この作品に関しては、
同人ゲーならではの自由さがあってイイのではと思った。


DLsite


余談だけど・・・
「鎖国」って好き。
世界からの引きこもり。
それで能や歌舞伎が発達して
今でも世界中から客を集めてる。
引きこもって個性を育てる。
とても好き&親近感。


まあ、砂糖に関しては
転売価格で泣きを見ていたみたいだけど。w


あんなにキライだった歴史。
なのに年を取れば取るほど好きになっていく。
それすなわち、おっさん化。ブボエ