なかなか面白いじゃん!


バタフライシーカー」は
主人公の超能力の名称。


遺体から死の遠因を読み取る能力。

1997apc12179jp-006


まーた、これが

直接的な死因を
探り当てるんじゃない
ところが歯がゆいね。


とりあえずソレっぽいシーンを見せられて
あとは推理してね♪」って
焦らしプレイを
され続けられなくちゃいけない。


能力的に、
逆に遠因を探り当てる方が難しい
と思うけどね。


なんてライターさんに
好都合な能力。笑


この後の展開的にも
見栄えするCGを最初に見せられて
ひたすら悶々する形かな。


まあ、推理ゲーの醍醐味
ではあるんだけど。


ちょっと
マイノリティリポート」みたい。





ミステリーなのにストレスフリー

ミステリーなのにストレス無い。


選択肢は同時に
2つ正解しなくちゃいけない。


ただ、間違えてもすぐにやり直せる。
あと、選択肢が理不尽じゃない。
そこまでのストーリーを読んでれば
自然と正解できるようになってる。


個人的に、
普段は選択肢は大嫌い。
ただ、こういう風に
理に適ってる選択肢は好きよ☆


というか、
これが本来あるべき姿。
訳の分からない選択肢で悩まされて
BADEND☆
んで、フローチャート意識しながら
セーブ・ロードを繰り返させられる。
そんなエロゲよりよっぽど良心的。




良くも悪くもミステリー特化

あくまでミステリー特化ゲーかな。
というのも、
エロはあんまりだった・・・。


体験版唯一のエロシーンである
フェラシチュ。
フェラシーンになると
なぜか主人公のおち○ち○が消える。
何をしゃぶってるのか。


あと思いっきり手を使ってる。
そもそもそれじゃフェラとは言えぬ!

基本フェラチオとは、
ノーハンドフェラのこと。(真理


せっかくの
女教師ちゃんがお口で慰めてくれる!
っていうドエロいシーンなだけに、
フェラスキーとしては残念極まりない。
エロの期待感は薄い。(安直




まとめ

総じて、
ミステリーとして
かなり期待値が高い。


主人公の能力の断片的な情報や
猟奇的?な姉の助言を元に
推理を組み立てる。
パズルがはまっていく爽快感
はあるかも。


選択肢が嫌いな自分でも
コレはストレスフリー。
これかなり重要。


というか

今の大SNS時代、
こういう作品こそ
アニメ化するべきじゃない?


第一の事件。
これは、
気軽にポストした
動画サイトへの投稿が
犯罪に悪用されるパターンの例示。


また、それを見てる不特定多数の人が
どんな趣味・性癖を持ってるか分からない。
という例。


そういう意味じゃこの作品は

イイ教科書じゃん?


こういうメッセージ性があって
とっつきやすい二次元作品を
今のキッズに見せた方がいいんじゃない?
アニメ大国さんよー。


18禁なのが惜しまれるね。
というかアニメ化を
最初から狙ってるのかな?
(下衆の勘ぐり。)