超昂天使エスカレイヤー」「超昂閃忍ハルカ」に続く”超昂シリーズ”の最新作。アリスソフトの「超昂神騎エクシール」の体験版の感想。


結果。シリーズものだが、ご新規さんも親しみやすい要素が満載。絵、声優、陵辱シチュは万人受けしやすい。ただ、個人的に育成・バトル要素がネック。


alice_0045pl


シリーズものだが万人受け


古くからあるシリーズですが、最新作ともなると絵がキレイ。よりとっつきやすくなってる。


ヒロインの属性面でも、誰もが親しめるように標準化。過去シリーズではメガネヒロインがいましたが、そういう”癖”も無くなってます。


声優は御苑生メイさんと鈴谷まやさん。これまた万人受けを狙ったであろう、エロ可愛い声を持つ声優さん。個人的にはドンピシャ。




陵辱シーン


サンプルCGだけでもメチャシコ。


▼指マン。本人から許可済みってところがエロい。
alice_0045jp-006



▼なすがまま。されるがまま。表情イイ。
alice_0045jp-004



▼無防備な局部を触手責め。
alice_0045jp-012


陵辱シチュは、サディスティックで嗜虐(しぎゃく)的。和姦にしても、ヒロインはエロに積極的ではないのが良い点。


全体的に、不本意そうな・悔しそうな表情がそそる。




ゲーム性が強い...


RPGによくあるようなヒロイン育成システム&バトル要素。シリーズを通してプレイする人は、これも醍醐味の1つなんでしょうか。


▼ヒロインを育成してバトル
alice_0045jp-020


ただ、個人的にはこれがネック。こういうシミュレーション要素があると、ストーリーにもエロにも集中できない。




便利機能


テキストウィンドウの透過率を、わざわざコンフィグ画面に行かずに変えられるのは地味に便利。


また、セーブなど良く使う機能をショートカットに設定可能。デスクトップにショートカットのアイコンを作成するイメージ。




不満点・バグ?


非アクティブからアクティブに戻ったとき、勝手にシーンが逆再生されるのは仕様なのか体験版ゆえのバグなのか。一応、”バックシーン”という機能らしいですが。


育成パートで育成のホーム画面に戻ると、そのシーンでは関係ないはずのバックログが表示される謎の仕様。




まとめ


ヒロイン(表情)、声優、陵辱シチュは好み。絵・塗りが良いと陵辱シーンが光る。


ただ、ゲーム性があるとげんなり。ストーリーもエロもぶった切りになるので。


シリーズものですが、古参ファンだけでなく、ご新規さんも新たに手に取ることも見据えた間口の広さが印象的。育成やバトルが苦でなければ、エロゲ初心者の人にも良いかも。



ダウンロード版(DMM)(7344円)






敵キャラに褐色のお姉さんがいます。しかも2人も。シェムザードジュラウス。褐色肌のエロお姉さま好きも要注目。