ensemble(アンサンブル)の「お嬢様は素直になれない」の体験版感想。略称は「おじょない」。


結果。アンサンブルお嬢様ゲー過去作の中でも、ヒロインが好みのコが多い。何より久遠が可愛い。表と裏、それぞれのストーリーがどう絡み合うか。また、コンセプトであるギャップ萌えに期待。


1542will362pl


メインヒロインの久遠(ピンク髪のコ)が可愛い


元気で明るく、みんなの中心。太陽のような存在。自分の中に一本の芯を持っており、夢を叶えることに真っ直ぐ。


ただ、弱点を指摘されると慌てて「そんなことない!」と隠そうとするのがギャップ萌えで可愛い。


ラーメン食べるシーンが可愛すぎ。


原画は鳴瀬ひろふみ先生だけあって、可愛い中にもエロさがあります。




「銀髪おさななじみ」「お世話好きな義妹」も魅力的


幼馴染の壬生(みぶ)なつき。銀髪で、声優が橘まおさん。


なにより、縦セーター+ミニスカートという男をコロしにかかってる私服がエロい。萌え袖、スカートから覗く足。イイネ。


▼服越しに股間をもきゅもきゅ刺激してくるのエロい。
1542will362jp-007


◆◇◆

 
義妹の六花(りっか)。お兄ちゃんっ子。


兄と同じ学園に転入できて嬉しいはずが、女子に囲まれる兄を見て心の中がモヤモヤ。プロのボディガードとはいえ、まだまだお兄ちゃんに気にかけてもらいたい年頃の女の子。まじカワイイ。


▼体験版で1番素直になれない様子を見せた六花。
1542will362jp-010




表と裏のストーリー


久遠は、女子校時代のカップル制度の復活という夢に向け、鋭意奮闘中。これがのストーリー。


対して、主人公は久遠のボディガードの任を受けて学園に潜入した。こちらが


2つのストーリーがどう絡んで行くかに期待。ただ、本筋はお嬢様ゲー。パニック・サスペンス系には発展しないでしょう。


ボディガード系のシナリオは珍しい。他で知ってるのは、あかべぇの「暁の護衛」くらい。




まとめ


アンサンブル十八番(おはこ)のお嬢様キャラゲー。公式サイトで謳(うた)われる通りであればギャップ萌えを楽しむゲームだということ。体験版でも十分かわいいヒロインたちの変貌振りに期待。


基本はお嬢様キャラゲー。ツンデレヒロインがお姫様だっこされたときに一気にガードが緩くなるのが分かったり、兄を想ってに”失敗作”のお菓子を作り続ける妹、など甘いシチュエショーンがてんこ盛り。


また、ボディガードという裏のテーマが、どこまで本編で活かされるのかに期待ですね。







ところで、主人公の苗字は「近衛(このえ)」。自己主張が激しいボディガード。笑