AVでも診察とか分娩台とかのシチュが好きなので、試しにこれもやってみました。


以下、「禁断の病棟」の体験版感想。正式名称は、「禁断の病棟 特殊精神科医 遊佐惣介の診察記録」。


結果。催眠と診察のシチュが合わさってエロい。女学生を診察するってシチュが特に!体験版だけでシコリティ高いです。


kaguya_0089pl


催眠と診察


診察のシチュってエロい。女学生が恥ずかしながら医者の前で胸をはだけるシーンって、なんでこんなにエロいのか。「診察だから仕方が無い!」と自分に言い聞かせてる感がそそります。


製品版では、診察には必須アイテムである分娩台もあるそうなので期待。また、看護士や美人医師とのおいしいシーンも病院ゲーの王道シチュ。


加えて、催眠で発情オナニーさせる鬼畜っぷり。診察+催眠。病院の裏でハーレム作っているってシチュって想像するだけでエロいです。




ヒロインが7人!コスパ高い!


病院が舞台だけあって、ヒロインが患者女医看護士と幅広い。患者も女学生と人妻に分けられます。


個人的に、ビッチ風な看護士が好み。主人公の言いなりにエロいことを強要されているのに、嬉々として受け入れている主従感がエロいです。


これだけヒロインがいて価格が3k。単純にコスパが高い。




まとめ


診察と催眠。それぞれツボを押さえたエロシチュエーション。体験版の段階から抜きゲーとして優秀。


ヒロインが7人、M&M先生の原画で、かぐやコレクション(ベスト版)なこともあって3k。コスパが高すぎます。エロシーン目的だけでも損しなさそう。


診察や分娩台など、治療と称してエロいことをする隠れSな性癖を持つ人にオススメ。



ダウンロード版(DMM)



このゲームが発売したのが2011年。なのに、普通に抜ける。M&M先生の絵は月日が経っても色褪せません。