エウシュリーの「天結いキャッスルマイスター」体験版感想。

やり込みゲーブランド・エウシュリーの新作タイトルです。ファンタジックな世界観やヒロインの可愛さ見たさにプレイしてみました。


hobe_0348pl



移動要塞って夢がある


面白いのは移動要塞をカスタマイズできること。家を作ったり、物見台を建てたり。それらを配置してカスタマイズ。割と自由度があります。


しかも移動要塞なので、主人公たちと共に冒険をしている感が出ます。拠点をいじったのに放置!が起こらないのが良い。イメージとしては「ハ○ルの動く城」。


タイトルがキャッスルマイスターなので、つまりそういうこと。



シミュレーションRPG



はっきり言って苦手。難易度は2段階あって、簡単な方を選んだにも関わらず体験版で何度も負けました。


こういうシミュレーションRPGに触れたのは「うたわれるもの」以来。「物語」と「RPG」が並行して進行するのは、どっちにも集中しづらいので苦手。こういうゲームをプレイするたびに難易度イージーを作ってほしいって思います。


時間をかければ先には進めるようです。若い頃はポ○モンのレベル上げとかは苦痛じゃなかったのに今は割とツライ。


作業ゲーが好きでないとキツイです。元々そういうゲームブランドのゲーム。ストーリーをサクサク進めて攻略ヒロインとH!が目的の人は合わないでしょう。



まとめ


エウシュリーといえばやり込みゲー。ただ、もしそれだけで敬遠している人がいたらもったいないかも。動く城をカスタマイズできるのは斬新です。


シミュレーションゲーム系が苦手でないなら、神話チックでファンタジーな世界観や可愛らしいキャラを堪能できて良いかもしれません。



ダウンロード版(DMM)




単純に、cv沢澤砂羽さんの神様と動くお城で旅をする。って考えるだけで夢が広がります。