アストロノーツ・コメットの「憑夜ノ村(つきよのむら)」の体験版感想です。低価格、陵辱、田舎ゲー、キレイな絵柄、ヒマリさんで探していたらこの作品に行き当たりました。

kaguya_0097pl


雰囲気

本作は閉鎖的な田舎を舞台にした陵辱ゲー。同じような雰囲気に、
  • ひぐらしのなく頃に
  • 夏神(アトリエかぐや)
  • 雨芳恋歌(キャラメルBOX)
などが挙げられます。



コンフィグ

フルスクリーンに切り替えたときに、画面全体が横に引き伸ばされます。4:3のウィンドウ画面を無理やり16:9のフルスクリーンにした感じです。画面全体がのっぺりします。体験版最大の不満点です。



ストーリー

村はずれに住んでいる、村人からは変人扱いされてるじいさん。彼が最終的には良い人で主人公を助ける、というベタな展開を予想。

夜になったらヒロインが夜這いに来る、というシーンが体験版だけで3シーンありました。単調な行動パターンが気になりました。



Hシーン

陵辱ゲーの体験版として及第点はあげにくい。Hシーンは2シーンとも主人公との和姦ですし、片方のはたぶんこの作品的にはバッドエンドです。(アシスタントの処女喪失+主人公が村から出て行くEND。)

ヒロインは2人。ヒロインのHシーンは均等にあると嬉しいですが、どうなのか。陵辱の体験シーンさえなかったので判断しづらい。

ただ、一つ評価するなら、フェラスキーな人にとっては抜ける体験版です。肉棒を舐め上げたり、肉棒を頬張ったときに頬が亀頭の形に膨らんだり、軽くひょっとこだったり、それらの差分が1枚のCGで見られるのはフェラ好きには嬉しい。


▼舐め上げ・頬張り、ひょっとこが楽しめる!
kaguya_0097jp-001


OP曲

OP曲が素晴らしい。暗い・淫猥(いんわい)な雰囲気をとてもよく表現しています。これからしばらくヘビリピしそうです。

▼「憑夜ノ村」デモムービー


まとめ
  • 低価格。
  • 声優がヒマリさん・ひむろゆりさん。 
  • 田舎という閉鎖空間での陵辱ゲー。
  • 暗い雰囲気。 
  • フェラがエロい。 

フェラがエロかったのは嬉しい誤算でした。個人的に好きな要素が盛り込まれているので、たぶん買います。




エロゲから離れていた間に、ヒマリさんの陵辱ゲーという自分好みの作品が出ていたとは。ロープライスとはいえ、ヒロイン2人のみの登場の片方がヒマリさん。しかも陵辱ものとなればチェックしないわけにはいきません。