暁WORKSの新作「スイセイギンカ」の体験版感想です。


ミステリー/サスペンスものかと思いきや、意外とSFやファンタジー寄りでした。


ストーリー



10年前、トラック事故によって町に拡散された有害物質。それにより、変異していった人々。その謎を解決するために主人公は町へ戻ってくる、というあらすじ。


変異といっても見た目が劇的に変わるわけではく、人を内側から蝕んでいくものらしい。体験版では、その事故が企業実験の一部というところまで分かります。


なんといっても、主人公のゾンビ疑惑。一度死んでいるとかいないとか。まさかの展開過ぎました。また、主人公の周りに出てくるヒロインを含めた登場人物たちも、少なからず事故と関わっているようです。




あと気になったのは、


あのUFO。

エヴァ○ゲリヲンの使徒を思わせる幾何学(きかがく)模様の物体。



あれが子供の見た妄想でなければ、この先もう何でもアリな感じがしました。ここらのファンタジー要素で冷めてしまいました。

人を飲み込む謎の物体。これが人の手によって作られたものなんですかね。ポケ○ンでいうミュ○ツーみたいなファンタジー感。




他に気になった点は、

おっぱい。


1326apc11673jp-006


おっぱいや太ももの塗りが扇情的!


1326apc11673jp-010

恥じらい顔も可愛い。



あとは年上キャラですね。


サンプルCGから、かわしまりのさん演じる「城ヶ崎桃」が攻略ヒロインであることはほぼ確実。


あとは、ヒマリさん演じるバツイチさん。ストーリー上、離婚しています。ということは合法的に攻略できる余地があるということ。年上ヒロイン(cvヒマリ)は、野放しにしておくには惜しすぎます。せめてFD(ファンディスク)で。


年不相応に若く見える年上ヒロイン。これもストーリーに深く関わる要素に感じられるんですが、どうなのか。年上キャラが二人登場して、二人ともが見た目がかなり若い。これも有害物質の影響の一つなんですかね。


コンフィグ

  • バックログからのシーンジャンプあり。
  • シナリオセレクト機能があり、既読のシナリオであれば好きなタイミングでシーンジャンプできます。
  • ショートカットキーはファンクションキー(F1やF2など)のみの割り当て。


▼OPムービー

最後に登場する銀髪キャラは...?


町が蝕まれていくゾンビものと謎の少女。なんとなく小野不由美さん著の「屍鬼」っぽい。


まとめ

個人的には、非現実すぎてついていけませんでした。ファンタジーな要素が予想より強かったです。特にUFOが現れたときは「え?!」という感じ。

体験版である程度の方向性が見られたのは救いです。幻想的なメインビジュアル絵と”キミとの友情を明日へ繋ぐアドベンチャー”というジャンル分けから、まさかこれがゾンビSF的なストーリーだとは予想もつかないですからね。

最初からSFだと分かっていて、且つ、SFでも大丈夫な人だったら楽しめそうです。”キミとの友情を明日へ繋ぐADV”というジャンルから、あくまで友情・絆が作品のメインテーマだそうですし。





ストーリー上、おかしくなった人々はその特性からか離婚率が高い。人妻がどんどん離婚していく世界。夢がありますね。


どうでもいいですが、「スイセンギンカ」と、ウグイスカグラから3月に発売される「水葬銀貨(すいそうぎんか)のイストリア」 、タイトルが似ていて紛らわしい。どうでもいい。

参考リンク: 水葬銀貨のイストリア体験版感想「意外とダーク系&和奏は攻略外?」