暁WORKSの「緋のない所に烟は立たない」無料版の感想。製品版の正式名称は『緋のない所に烟は立たない-緋修離と一蓮托生の女たち-』

1326apc11687pl

 
ライトビジュアルノベル(無料版)は全年齢版ですけど、、


「大人向けの読み物」


な印象。



小難しい漢字が多い!




昨今はアニメーションやエモートで画面が賑やかなエロゲーが多いですが、この作品は本当に「ノベル」。最低限のCG、最低限の演出で進行します。エロゲの代名詞としてよく使われていた”紙芝居”っぽい作風。


そこまではいいんですが、



なにせテキストが読みにくい。



  • ふりがなが潰(つぶ)れていて読めない。
  • しかも、「食料」を”おたから”、「生命維持装置」を”かみぶくろ”と読ませるので、ふりがなは必須。
  • かと思ったら案山子(かかし)にはふりがなを振られていない。
  • また、文章を3行フルに使いがち。

お世辞にも読みやすいとは言えません。


キャラ


ヒロインは全員可愛いんですけが・・・。

  • お婆ちゃんのメイド姿はキツイですね。
  • 執事はタキシード姿に刀を提(さ)げたいからといって、紐(ひも)を腰にグルグル巻きするのがかっこいいのかは自分には分かりません。
  • あと、主人公の左手は頭に糊付(のりづ)けされています。


BGM


ピアノやサクソフォンっぽいジャズテイストの楽曲が多め。ゲームを起動している間、楽曲をランダム再生できる作業用BGM用のミニサウンドプレイヤーもあり。



まとめ


「言葉がテーマの文学もの」。絵で見せるのではなく、文章で読み解く作品。CGや演出などの要素は必要最低限に抑えて、文章で魅せている作品です。



これを「体験版」と取るか「無料ノベルゲーム」と取るかで評価は変わりそうですね。


どうでもいいですが、、

OPムービー


最初のところ、

古畑○三郎っぽい笑