IRODORIさんの「桜花裁き」の体験版をプレイしてみました。

2106apc11643pl



言ってしまえば、、
 

江戸末期の、

「逆○裁判」!


奉行所の奉公人として、事件を正しく裁いていくのがあらすじです。聞き込みをこなし、証拠・証言などの材料を使い、容疑者たちの証言に対してツッコミを入れて、犯罪を暴いていきます。






体験版では事件の一つを解決まで導くまでの流れを見ることができます。


証言や証拠を集めて、

ストーリーを進行。

まさに逆転s(ry


動機がちょっとアレでしたが、それ以外は割とちゃんとしてます。体験版はそれらしい選択肢を選んでいけば解決できますが、後々は攻略サイト必須でしょうね。



自分みたいにただ読み進めていくノベル系のゲームが好きな人にとっては割と苦痛。体験版にはちょっとした攻略が付いていますが、製品版には無いでしょう。一つの事件を解決するまでに何十回、選択肢を選択したか分かりません。


 
世界観は江戸時代をモチーフにしています。新撰組とか好きだとより楽しめそうです。土方が三枚目だったり、沖田が男装した女性だったり、山南がかわしまりのさんボイスで妖艶なお姉さんだったり、オリジナリティに富んでます。


てか、こんなにエロい山南だったら、

歴史が変わっていたでしょう。




CGはとにかく背景がキレイ。桜の鮮やかなピンク色が江戸の町並みに映えますね。墨で描かれているCGは世界観と相まって味が出ていてカッコイイです。影や夜の背景がキレイなCGが多かった印象。
 


コンフィグは少し不満です。
世界観を意識してオプションやバックログが全部縦書きなのは慣れが必要。推理モノなのにバックログからシーンジャンプできないのも不満です。あとはロードやセーブの画面で、カーソルを項目に重ねている状態だと右クリックが効きません。ちょっとしたことですが、ストレスであることには変わりありません。



もう一つの不満はちょいちょい流れるムービー。ムービーが流れている間は何も操作が出来ません。スキップもできなければ一時停止もできない。エロゲは自分のペースで読み進めることができるのが美点なのに、そこだけはちゃんと見ていなくてはなりません。しかも、ムービーを使うだけあって重要なシーンなので、見逃せません。



声優が豪華!

個人的には、かわしまりのさん、北見六花さんなどの起用が嬉しい。他にも、遥そらさん、小鳥居夕花さんなどの声優さんも起用されています。男のキャラにもそれぞれ声優さんが声を充てています。



▼「桜花裁き」のPV。凝ってますね。桜が舞ったり、墨絵っぽいCGが世界観にピッタリ。BGMもカッコイイし、鳥肌ものです。


 
IRODORI公式サイト