あかべぇそふとすりぃの最新作「働くオタクの恋愛事情」の体験版をプレイしてみました。


1740akt0022pl

この体験版をプレイするに当たって、前作の「働くオトナの恋愛事情」の体験版もプレイしてみました。前作の「働くオトナの恋愛事情」は人気作ですね。それで味をしめたのか、元々作りたかったのはこちらの方なのか、あかべぇ自らが前作のタイトルを捩(もじ)った「働くオタクの恋愛事情」の制作を発表しました。


前作”オトナ”と今作”オタク”の比較

個人的には、今作「働くオタクの恋愛事情」の方が好きです。


前作”オトナ”の体験版をプレイした限りは、意識を少し変えた主人公の自分磨きの物語な印象でした。自分を変えたら女性が寄ってきたみたいなストーリー。冴えない自分でも「もしかしたら!」と希望が持てる物語ではあるかな、と思いました。でも、あまりリアリティは感じませんでした。なんというか理想のリアリティを描いてるという印象です。こんな現実だったらいいよね、的な。


それに比べると、今作の主人公は自然体。オタクという趣味を持っているため、初対面でもオタクなヒロインたちともすぐに仲良くなっていきます。何気ない話題で仲良くなる。こちらの方がリアリティがあるし、自然でした。


「女性は中身」だが・・・

なんだかんだ言っても女性は中身ですね。いくら相手が美人でも共通の話題がないと間が持たないですし。オタクの知識を持つ主人公とヒロインたちが楽しそうに話題を共有しているのは、見ていて微笑ましいです。


それだけでも十分なのに、これはエロゲーです。外見が可愛い女のコしか登場しません。つまり、話が合って美人なヒロインしか存在しないわけです。パラダイス!


まとめ

人によって作品に求めるものは違うかもしれません。ただ、個人的には共通の話題で盛り上がっている可愛らしいヒロインたちと主人公の光景を見ているだけでイイナァと思いました。