エロゲーライフ

ノベルゲー専。選択肢よ爆ぜさしめんとす


昭和っていいよね。

なんとなくイメージで。
実際その時代を生きたことがないので
幻想かもしれませんが。


ネットやスマホにまだ毒されてない世界。
ってだけで自分の中で憧れがある。
これから先、
そんな時代は来ないですからねえ。


iaquap_0001pl


古き良き王道キャラゲー

ゲーム的には、王道キャラゲー
  • ヒロインを選択して、
  • 会話して、
  • 好感度を上げていく、
っていう古き良きキャラゲー。
その雰囲気が、
昭和という舞台に妙にマッチしてる。


ただ、立ち絵は
モーションキャプチャー(?)っていう
キャラがヌルヌル動く機能。
(エモートみたいなやつ)
昭和ゲーとは思えぬ最新技術。笑
これ最初見たときは度肝を抜いた。
立ち絵を多く見ることになるギャルゲーにおいて
嬉しい仕掛けですね。







あと個人的な趣味ですが、


耳がメチャ幸せ


戸松遥平野綾水樹奈々
あと小野涼子さんの男キャラとか萌える。


一番良かったのが、升望(ますのぞみ)さん。
あんまり他の作品に出てないようで、
発見できたのはラッキー。


キャラ的にもハズレがいなかった珍しい作品。


ただ、緒方・兄にはムカついた。笑
アニメだと可哀相なキャラだった。
けど、このゲームでだと
大学生アイドルに手を出そうとする
おっさん社長ポジですね。




まとめ

ホワルバっていうと2の方が人気なイメージ。
ただ、この無印版も負けてない。
最近はシナリオがよければ良作な風潮だけど、
このいつまでも浸っていたい雰囲気
を醸し出してるこの作品も、
これはこれで一級品だと思う。


ダウンロード版(DMM)


アニメまた見返したくなってきた。




おねショタ・フェラ抜きゲーとして期待してた作品。
ただ、前情報と本編に食い違いがあった。
逆に前情報にはない要素もあって、
結果的にトントンかな。


ちなみに、原作ファンとかではなく初見でした。


mgold_0125pl



フェラシーンが0

OHPには主人公がフェラ好きと書いてあった。
なのに、本編にフェラシーンが0。
公式の性癖にフェラって書いてあったら、
誰だって期待するよね?
男・主人公ルートはこのせいで抜けなかった。




体験版の2人...

体験版に出てきたテーマパークのクルーの2人。
エロくてお気に入りだった。

mgold_0125jp-001


ただ、体験版で「あとでエロいことしよう!」
と言っていたのにも関わらず、その後は一切出番なし。



フェラに引き続き、この期待を裏切っていく感。




姉ルートがエロい

前情報と違った弟ルートが期待はずれだった。
に対して、姉ルートがエロかった。


中年おやじや少年たちとのエロシーンね。
やっぱりこういう性モラルが崩壊した世界観では
必須の設定。
それが年の差エロ。


あとは
聖水、マッサージ、羞恥プレイなど。
ステージの上で拘束されて絶頂させられるのは
抜けました。




まとめ

結果、ビックリ箱みたいな内容だった。
前情報と食い違いがありすぎ。
結果的に趣味に合っていたから良かったものの、
あんまり親切とは言えない。


ダウンロード版(DMM)


続編があるのか知りませんが、
そのときは前調べは必須。


◇◆◇


というわけで7月の新作エロゲを1本消化。
次に行こうと思うのに、
「美少女万華鏡」も「グリザイア ファントムトリガー」も
DL版が来ない。
特にファントムトリガーは過去作を
新作の発売日前に急いで消化したのに。(なぜ




主人公は悪魔の子。復活しようとする悪魔の力が暴走しないように、女のコとエッチなことしないといけない!


▼エロいこと
1241apc12024jp-004

1241apc12024jp-005

1241apc12024jp-006



冒頭からエロ全開。「未来ノスタルジア」や「ハピメア」の王道な学園ギャルゲーとは対照的。主人公の属性がヤリチン神父なのは新鮮。パープルさんも抜きゲー寄りになりつつあるんですかね。




主人公は能力持ち

前作「アマツツミ」や御影さんがライターを務めた「夏空のペルセウス」も、主人公は特殊な能力を持っていました。


ただ、それらの作品の主人公と違うのは、力をリスクなしで使えること。主人公は力を出し渋っているものの、いざとなったら暴走もするよう。


そんな爆弾主人公に加えて、ヒロインが悪魔吸血鬼力を与えられた人間


戦争が起こりかねない人選。


この濃いメンツの登場人物たちが、どうまとまるのか。




その他

  • エロシーンではBGVがあり、抜きゲーっぽさが増した。
  • 克さんの原画パートナーが月杜尋さんじゃなくないのは残念。
  • 今のところ年上ヒロインがいない。(ロリババアヒロインはいるけど)
  • 相変わらずの陥没乳首押し。



まとめ

力を使うためにはリスクがあって、そのリスクとどう向き合うか、といった方向性ではない。残念ながら。「夏ペル」が好きだったので。


力の代償とかちまちましたことを考えるのが好きなので、主人公が実は悪魔の子だった!ってことが分かったときには萎えてしまった。思っていた以上に世界観が壮大でした。


「聖書」「自殺」などテーマが重く、雰囲気は暗め。minori作品が好きなら肌に合いそうな印象。



◇◆◇


気になるパッケージ絵。前作「アマツツミ」と似てる。対(つい)になってるのは明らかですね。

1241apc12024pl



1241apc11381_tpl





インターハートの抜きゲー、ということでプレイしてみました。


結果。いつも通りのインターハート。アニメーションと原画がエロい。さらに今作は人妻ものということで、NTR気分も味わえる。個人的に、藤邑鈴香さんの声が可愛すぎてツボでした。

2067inh367pl


アニメーション

インターハートのいつもどおりのアニメーション抜きゲー。アニメの完成度では、アトリエかぐやに匹敵する。


特に、後ろからヒロインのパンツの中に手を入れて局部を刺激するアニメーションがエロい。動きは小さく、もぞもぞしてるだけ。ただ、たくさん動けばエロい!ってもんじゃないのがアニメーション。


今までの作品に比べてエロく感じるのは、ヒロインが人妻のせいですかね。アニメーションを抜きにしても、原画の人妻のエロさは良い。




ストーリーはハチャメチャ

「はらかつ」というのは、婚活や就活の妊娠バージョンのこと。主人公の仕事は、訳ありの女性を妊娠させるもの。


ストーリーはハチャメチャ。詐欺まがいの契約をさせて、悩める人妻たちと子作り。どっちかっていうと、ギリギリアウト。




藤邑鈴香さんの声かわいすぎ

藤邑鈴香さんのクセのある声かわいい。青山ゆかりさんとか有栖川みや美さんのような一癖ある感じ。こんな声のヘルス嬢がいたら貢ぎたくなる気持ちも分かる。




不満点

1つ不満があるとしたら、システムボイス。基本、どんなエロゲでもOFFにしてます。ただ、この作品に関してはどこにもOFFボタンがない。しかも、やたらセリフが長い。



まとめ

キレイな原画×アニメーション。インターハートの抜きゲーに求めるものは全て入ってる。


前作「はらかつ」(無印)と違うのは、主人公の身体がエロシーンで黒塗りにならないこと。好みの問題ですが、せっかくアニメーションを使ってるんだから主人公の身体は見えた方が臨場感が出るんで、良いと思います。


◇◆◇


ところで、今作は放尿シーンに力を入れているよう。このライターさんとは趣味が合いそうです。